今年の川まつり(筏流し)に約千人が集う

昨日の27日(日曜日)、川登地区で川まつり・筏流しが行われ、町内外から約1000人の方々が集まっていました。

春暖の中、木材で作られた筏、16連に筏師が乗り、小田川を下りました。

今のようにトラックが少ない戦前まで、地元で生産される木材を川下へ運ぶ交通手段として使われていました。

この筏を操る筏師は花形の職業であったようで、肱川河口(長浜)まで運んだあとは、自転車に乗って大瀬に帰っていたようです。その風景を復元するために自転車の筏の上に置かれていました。

P1000908P1000905P1000902

 

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。