今日、曽我十郎大祭が開かれる

日本三大仇討ちの一つである「曽我兄弟の仇討ち」。

1198年5月28日に源頼朝が富士の巻狩りを行った際に、曽我兄弟(祐成と時致)が父の敵である工藤祐経を討った事件である仇討ち。

曽我祐成の首をお祭りしているといわれている乙成地区で「十郎まつり」が行わりました。

数年前までは、地域づくり活動として鎧に身を包んだ鎧武者や神輿、剣道を行っている豆剣士などが参加するイベントでしたが、今は、地域の方々が十郎の供養を行うだけの事業となっています。

↓ ひっそりとたたずむ「十郎の首塚」

P1000993

P1000995

↑地域の人たちが集まり「十郎の供養」を行っている。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。