230高地は田植えの季節です

大瀬の乙成と鵜川、川登の3地区にある230高地。

標高230㍍のところに開墾された田園がありますが、6月に入り小田川からのくみ上げられた水を使って稲作栽培が始まりました。

DSC_0425[1]

各農家がトラックターや田植機等を使って田植えが行われています。

DSC_0423[1]

これからの9月中旬まで、日に日に成長する日々となることでしょう。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。